スポンサードリンク

2016年04月20日

危機管理アドバイザーの山村武彦さんがおススメする、カセットガスを燃料とする発電機

危機管理アドバイザーの山村武彦氏が、夕刊フジの紙面で災害時のアドバイスをしていました。

災害時の電源供給に、カセットガスを燃料とする発電機があると安心だそうです。実際にご自宅で使っているそうですが、奥さんも簡単に始動できるそうです。

今までガソリンを燃料とする発電機が主流でしたので、自分はなんだかガソリンの取り扱いに心理的なハードルが高くて及び腰でした。

カセットガスで動く発電機なら、取り扱いも簡単そうですね。また、山村氏も言っていますが、カセットガスは卓上コンロなどの他にも用途が広がっているそうです。

我が家でも、卓上コンロはもちろん、電源・電池の不要な岩谷産業のストーブや、家庭菜園用のホンダのミニ耕運機を、カセットガスで使っています。

被災地では、被災された方が自宅で調理ができなくなっているそうですが、卓上コンロがあれば簡単な調理やお湯を沸かせるので、その点でもカセットガスは使えそうですね。







posted by さぶろう at 18:31| 防災
三郎の雑感」の先頭へ